Translate

ヨークシャープディング(Yorkshire pudding)/トード・イン・ザ・ホール (Toad in the Hole)@イギリスの食事情

Hi there,

料理上手なご近所さんLさんから

サンデーランチをご馳走になったLoveです。

今回は「イギリスで食べてみたかったもの」のひとつ

ヨークシャープディングを作ってくれました。


*****************************

ヨークシャープディングとは



聞きなれないし、なにがなんやらわかりにくい名前かと思いますが

ヨークシャープディングはデザートではありません。


ヨークシャー・プディング は、
イングランドのヨークシャーで生まれたイギリスの家庭料理のひとつ。 
いわゆる菓子の「プリン」ではなく、
ふわふわもちもちとしたシュークリームの皮のようなものである。 
ローストビーフなどの肉料理のつけあわせとしてよく用いられる。


Lさんのヨークシャープディング

コツは、アツアツに熱した入れ物に

生地を流してぼこぼこ膨れ上がらせます。

オーブンの中

このぼこぼこ膨れ上がるのが正解というか重要だそうです。

材料は極めてシンプルです。

小麦粉、塩、卵、牛乳です。

Lさんはローズマリーを入れていました。

グレイビーソースと頂きます。



トード・イン・ザ・ホールとは


トードとは少し大きめのカエルのこと。

といってもカエルが入っているわけではなく(ホッ)

ソーセージが浸かっています。


翌日家で作ったトードインザホール

トード・イン・ザ・ホール(Toad in the hole)は、イギリスの郷土料理である。
名前の由来は「穴の中のヒキガエル」という意味で、
不味い物だとfrog in a bog
(フロッグ・イン・ア・ボグ、沼の中のカエル)と呼ばれる。


一言で言えば

ヨークシャープディングにソーセージが埋まっている

料理です。


ホストマザーが余り物のジャガイモと

ワイルドマッシュルームをソテーしたものも入れていました。


レシピには、耐熱皿にバターをぬってソーセージを焼いてから

生地を流し、45分焼くと書いてありました。

その間にグレービーソースを作るようにと。

生地はヨークシャープディングと同じものが正式だそうです。


私たちは、ソーセージはフライパンで焼きました。


こちらも重要なのは、アツアツに熱した耐熱容器に

生地を流し込むことです。


Lさんバージョンのトードインザホール

そこでLさんが振る舞ってくれたトードインザホールをご紹介します。

Lさんは、ソーセージをあらかじめ焼いており

薄切り玉ねぎとリンゴを炒めたものをのせて

アルミホイルをかぶせてオーブンで蒸し焼きにしていました。


その時に油とローズマリーを熱々にオーブンで熱しており

素早く容器を取り出して生地を流し込み

素早くオーブンに戻して焼きます。


グレイビーソースも別鍋で作ってくれました。


なぜLさんは別々にしたかというと、

ソーセージから油がでてきてギトギトになってしまう。

(ホストマザーと作ったものは油のジュースができていました。)

それにより油っぽくなってしまうのと、

ヨークシャープディングの生地が膨れ上がって焼けない

ため別々で焼くことにしたそうです。


Lさんのトードインザホール


ホストマザーは、

「あれは、トードインザホールではない。」

と言っていましたが

「なるほどね、別々にした意味が分かったわ。」

と作った後に言っていました。


確かに、ソーセージと一緒に生地を焼いたものは

容器のアツアツが足りなかったのか

ちょっとベチョッとなっていました。

油のジュースもしっかりできていました。


肝心の味ですが

見た目の期待とはうらはらに

味にパンチがなくちょっとふにゃっとしているので

何となく物足りなさを感じてしまいました。

トマトケチャップがほしくなりました。

しかしソーセージはもちろん美味しいので

子どもには喜ばれそうだなと思いました。



※家で作った生地には、
小麦粉100g/卵1個/塩少々/牛乳300㎖
を使いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ストーンヘンジ周辺も行ってきました②@観光情報

Hi there,

行ってみたかったストーンヘンジへ行ってきましたLoveです。

そして、忘れてはいけない

世界遺産はストーンヘンジだけではないということを。

今回は続編でお送りします。


**************************


エ Aveburyという場所をご存知でしょうか。

ストーンヘンジは知れ渡っていますが

世界遺産は遺跡群として登録されています。

「ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群」

エーヴベリー

こちらはエーヴベリーは、ストーンヘンジとともに世界遺産の一部

として1986年に登録されていますが

ストーンヘンジからは真北に約27kmも離れています。

またストーンヘンジよりは1000年ほど新しく

紀元前3000年ほどに作られたそうです。

ほとんど観光地されておらず無料で

巨石に近づき触れることも可能です。



そしてこのAveburyは写真に収められないほど

大きく村を囲むようにサークル状に配置されています。

なんと周囲が1.1km。

写真におさまるはずもありません。


直立に石が立つようにおかれているそうですが

見えているのは全体の半分で

半分は地中に埋まっているそうです。



こちらも何が謎って、その巨石ははるか遠くの

Walesから運ばれてきているのです。


数十トンもの巨石を石の種類によっては250キロも離れた場所から運んできたと考えられ、運搬方法とそれを制作するというモチベーションの高さがどこから来るのかが不思議です。

石の中でもとても重い玄武岩で、数十トンにも及ぶ石。

個人的におかしかったのが、

エーヴベリーの並ぶ巨石の中で小さな石があるのです。



なんとこの小さな石は、村の家を作るのに建材として切り出されたそうです。

それだけ自然にあって(重要視されておらず)

生活の一部だったんでしょうね。(笑)

ミステリーブック


Wiltshireのミステリーブックに、Barber's stoneというのが紹介されています。

1930年代に行われた発掘調査で巨石のうちのひとつから

人の骨格が発見されました。

穴に落ちて35トンの巨石の重さによって死んだなどの憶測がされましたが

最近の調査でそれ以前に死んでおり、

埋葬されていたのではと言われています。

この骨は、負傷した理髪師か外科医か仕立て屋だと考えられています。

骨と一緒にハサミ、当時のコインなどが見つかりました。

彼の骨はロンドンに運ばれましたが

1941年第二次世界大戦中によって破壊されました。

参考にしたHP()によると、

1998年に再発見されたそうです。


**************************


そしてたまたま通り道に不自然に小高い丘があって

何となくホストマザーに聞いてみると

しっかり名称のある

「シルバリー・ヒル」(SILBURY HILL)

ということがわかりました。

エーヴベリーの巨石群周辺にある「シルベリー・ヒル」は、ヨーロッパ最大級の人工的に造られた高さ約40m(130フィート)の丸い古墳。4000年前の士族たちや彼らにまつわる品々が埋葬されていると言われていますが、埋葬物は見つかっておらず、未だ謎が解明されていません。


ストーンヘンジの周りには

面白い遺跡がたくさんあります。

せっかくここまできたら

ストーンヘンジだけではなく

どっぷりミステリーの世界を堪能したいですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

なんとその③もあります。

ストーンヘンジ(Stonehenge)へ行ってきました①@観光情報

Hi there,

世界のミステリーとしても有名なストーンヘンジへ

行ってきましたLoveです。

ホストマザーのガイドのもと

有名なストーンヘンジだけではないミステリーまで見てきました。

**************************


世界のミステリーとしても有名な

ストーンヘンジですが、

ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群

が世界遺産として登録されています。

イギリス南部ソールズベリーの平野に忽然と現れる巨石建造物。

紀元前3000〜前1500年頃、3つの年代を経て造営されたと考えられるストーンヘンジ。最大で50トンにもなるサーセンストーン(珪質砂岩)は、約30km離れたマールバラ・ダウンズからコロとテコを使って運び出されたもの。立石と横石はほぞ穴に突起をかませる方法で固定され、横石同士は溝で繋ぎ合わされています。その内側の同心円状に並べられた82個あったと見られるブルーストーン(玄武岩)はさらに古く、サウスウェールズのプレセリの丘からはるばる運ばれたと考えられています。

年代や建造方法については次第に解明されつつありますが、このストーンサークルが造られた目的は依然として謎のまま。ケルト民族によるドルイド教の祭祀場説に始まって、天文台説、王の墳墓説、果てはUFOの発着場説まで諸説あります。現在では、ヒールストーンと呼ばれる石が夏至の日の出の方向と一致していることから、太陽崇拝に関係するという説、あるいは埋葬場所という説が有力となっています。



駐車場とミュージアムがあり、そこからバスが出ており

長い行列をなしています。

30分ごとに入場規制があるようで

事前オンライン予約をしていたほうがよいようです。






ストーンヘンジを取り囲むように遊歩道があり

みなさん自由にストーンヘンジを背景にして

写真を撮っています。

当時の家の再現

残念ながら、数年前に観光客向けに盛大に整備され
ミュージアムができ、ミュージアムからバス移動になり

高い入場料を課すようになったそうです。


イギリス人からすると、今までは近くで触れたし

道路からも見えていたし

あったのは料金回収所としての小屋くらいだったそうです。

でも観光客が石に名前を残すために削ることも絶えなかったそう。

今では近づけないようにロープがあります。



ミュージアムの係員のおじさんから

1年に1回無料開放をしていて

それがもうすぐだということを聞きました。


日の出に間に合うように、大渋滞を考慮して、となると

皆何時から動き出すんでしょうね。

去年は1万人は来たと言っていました。


毎年行われるこの異常なお祭りですが

規制をしてもそれを払いのけて突破し侵入していくらしく

ついに警察も諦めた結果が1年に1度の無料開放とのこと。



ストーンヘンジに初めて入場料が課せられ、観光施設として公開されたのは1901年。その後、20世紀をとおして、遺跡の外観や管理方法も変化してきた。かつてはストーンサークルの中まで立ち入り自由で、石に触れることもできていたものの、現在はロープが張り巡らされ、残念ながら、いや、当然と言うべきかもしれないが、一定の距離以上石に近づいたり、触れたりすることはできないようになっている。

 

1年に1度、毎年夏至の前日夜から夏至の朝に限りストーンヘンジが開放される夏至祭り(Summer Solstice at Stonehenge)では、ロープが取り払われ、例外的にストーンサークルの中まで入場が許され、石に触れることができる。

毎年6月21日前後に訪れる夏至の日の前夜から翌朝の日の出にかけ、ストーンヘンジでは夏至を祝う祭りが開催されており、今年は3万7000人もの人出で賑わった。『祭り』といっても屋台やステージが出るわけではなく、スピリチュアルな体験をしたい人、ヨガグループ、過去100年にわたりストーンヘンジにおいて儀式を執り行ってきたドルイド教徒、ただ単にお祭り騒ぎをしたい人、家族連れなど、さまざまな人々が、ストーンサークルの石の間に昇る日の出をひと目見ようと集まり、至って平和に夏至の日を祝っている。だが、かつてこの地では、文明に背を向け、自然回帰を求めたヒッピーと呼ばれる人々と警察との激しい紛争が起きていた。(引用元)

**************************


イギリス人は、意外と激しいお祭りごとが好きなのに驚かされます。

さてさて、とっても有名なストーンヘンジですが

見どころはストーンヘンジだけではないのです。

長くなるので次回へ続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

野外で劇鑑賞(OpenAirTheatre)@観光情報

Hi there,

ご近所さんのご厚意でロンドン観光をしてきたLoveです。

LさんとRさんカップルに連れられて

ロンドンで劇を鑑賞してきました。


ミュージカルを見てみたいとは思っていましたが

きっとあんまり知られていない

ユニークな劇です。

**************************


今回行ってきたのは

Open Air Theatreという野外の劇場で行われるものです。

会場はロンドンのリージェンツパーク(Regent's Park)内にあります。


リージェンツ・パーク は、ロンドン北部にある王立公園 、およびその周辺地域の名称である。公園はウエストミンスター区とカムデン区にまたがり、総面積は約500エーカー を誇る。公園内には400種類、30,000本以上のバラが咲く庭園、野外劇場、運河、スポーツ施設、学校などがありロンドン市民の憩いの場となっている。


たくさんの種類のバラが咲き誇り、

公園だけでも見ごたえのある場所でした。


ちなみに£32.5で夕食も頂けるようで

夕食もとれます
この日は、コックオーヴァン、フィッシュパイ、ビーガンマックンチーズなど4種類くらいの中からメインコースを選びます。

迷って、コックオーヴァン(鶏肉の赤ワイン煮込み)

デザートと飲み物(コーヒーか紅茶)も選びます。

サイドメニューとして追加で

フライドポテトとキャベツのソテーを頼んでくれましたが

キャベツのソテーがとてつもなく美味しくて

驚きました。

作り方を聞きたかったくらいです。



それから会場へ移動します。

お手洗いは会場の外なので

行く必要がある場合はすませておきます。

シンプルなステージセットでした。

今回は、「Our Town」という劇でした。

観客席

『わが町』(わがまち、Our Town)は、ソーントン・ワイルダーの3幕物の戯曲。ピューリッツァー賞受賞作。ニューハンプシャー州のグローバーズ・コーナーズという架空の町での物語である。

前半が終わったら食事場に戻ります。

デザートが用意されているせはありませんか。 



何を頼んだか忘れましたが、

小さなクレームブリュレに

ブラウニーとイチゴソースのプレートでした。

それから鐘がなって、後半が始まります。


話は、理解できなかったので

一緒に行ったLさんに説明してもらいましたが

昔の時代の日常を描いていて

日常の大切さを訴えている物語だそうです。

進行役である舞台監督によって劇が展開されていく手法が取られている。舞台装置はきわめて簡素で、机や椅子などが置かれているだけで、小道具や書き割りなどはない。すべては役者の動作によって表現される。この手法には日本の能や中国の演劇の影響があるとされる。

とてもシンプルなステージセットに

パントマイムのような演技でした。

それだけに役者の動作やセリフが引き立ち

実力を感じさせる劇だと思いました。


よくLさんRさんはこの劇に行くようで

別の日は「ヘーゼルとグレーテル」でした。



今回のセットはかわいらしいですね。



LさんRさん、こんな素敵なロンドンナイトをありがとう!!

しかも最前席でした。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

イギリスで見たベビーグッズ@小ネタ

Hi there,

フランスで寝かしつけよう人形Dodoを知ったLoveです。

それから相場や品ぞろえをイギリスで見ていますが

気が付いたことを少し記録しておきます。


**************************


イギリスのデパートで見つけた寝かしつけ人形です。


イギリスのキャラクターの

パディントンもありました。


また別の赤ちゃん用品の専門店では

ピーターラビットがありました。

やはりフランスのような肌触りとは違い

値段もイギリスのほうがシンプルで安価な印象です。


フランスのように、

本屋にあるわけではありませんでした。


ついでに赤ちゃん用の食器も見てみました。


4カ月からが対象のスプーンですが

それにしてはくぼみが深いので

食べにくそうかなと思いました。



一方、感激したのは

赤ちゃん用のコップがあったことです。


4カ月から練習ができるかは怪しいですが、

大きさがとても小さく

半透明なので内容量も見えそうだし

いいかもと思いました。


斜めにカットしてあって

飲みやすいようになっているコップもありますが

対象の3カ月からにしては

ちょっと大きすぎるかなと。


ピーターラビットの食器セットです。

植木鉢のような小さなコップがついていて

とてもかわいいです。


最近知ったのですが、

イギリスでは離乳食ブランドで

「Ella's kitchen」

というブランドのものがとても有名だそうです。


種類もこの倍以上あって

選択肢がとても多いです。


なかでも、オーガニックで

シンプルで身体にいい

親が食べたいモノを赤ちゃんにあげる

のがコンセプトのようで

大ブレイクしたそうです。

たとえレトルトであっても

安心して良いものをあげれるというのは

ありがたいですよね。

値段は1パウチ£1くらいでありました。





ウェルシュケーク(Welsh Cake)@ウェールズの食事情

Hi there,

今日のお休みは出不精には珍しく

Walesまで足を延ばしたLoveです。



友達に「Walesに行ってくる」と伝えると

「え、どこ?」

と聞かれたのでちょっとご紹介です。


英国はとても長い名前でして

The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland 
(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)

といいます。

イングランド
スコットランド
ウェールズ
北アイルランド

という4つの国で構成されています。

ウェールズはイングランドの西隣、ブリストルから海を隔てて

アイルランドに面しています。


前置きが長くなりましたがWalesへ行ってきましたが、

そこの名物をいただいてきました。


***********************

Walesの首都カーディフの駅です。

セントラルカーディフ

駅はそんなに多くありませんが、

舗装されていてきれいで近代的な街並みです。


カーディフマーケット
ホストマザーおすすめの

カーディフマーケットへ行ってきました。


ほぼ1階にお店がありますが、

2階にも外周を囲むように飲食店がありました。

全部のお店が開いているわけでもなく

味のある歴史がありそうなお店の数々ですが

その中で見つけたのがこちら。


このつらなった謎のパンケーキのようなものが

ウェルシュケークです。

何店舗か取り扱っているお店がありました。

食べ比べてみるのもいいかも。

と思いながらうろうろしていて

気になったのがこちらでした。


おばちゃんが現在進行形で作っているんです。


生地をのばして鉄板で焼いている様子も見えます。

ウェルシュケークとはちなみに、
ウェルシュケーキは、ウェールズの伝統的な菓子である。ウェールズ語ではピカーラマイン、 ピケ・バッホ, カーケン・グリまたはテイシェン・ラデスとも呼ばれる。昔からあった、鉄板で焼くフラットブレッドに脂肪分、砂糖とドライフルーツを加えたもので、19世紀終わりごろから人気がある。

以前に2回ほど食べたことがあります。

カーディフマーケットのウェルシュケーク

何種類も味があって、目移りしたので

プレーンとチョコレートチップを

買い求めました。


もうですね、

今まで食べた中でダントツとびぬけておいしかったです。

どんなものかというと

生焼けのような柔らかいサブレの甘さのパンケーキです。

前回いただいたのは

おいしいけど中がふにゃっとしていて

周りにかけてくれた砂糖が甘すぎたのですが
Stroudのマーケットで発見

サイレンセスターのマーケットで発見


今回のは絶妙でした。


一回この場を離れたのですが

これはきっとホストマザーも食べたいだろうと思い

また戻って同じところで買いました。

今度はオリジナルのドライフルーツ入りのものです。


他のところも試してみようかとも思いましたが

こちらのがおいしかったので揺るぎませんでした。


2時間後くらいに行ったらやや品薄で

私の後ろにもいつのまにか列ができていたので

やはり人気のお店のようです。


Walesになかなか行く機会はないかもしれませんが

ウェルシュケークがおいしかったです。



Walesへの日帰り旅行についてはまた今度☆

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ヨークシャープディング(Yorkshire pudding)/トード・イン・ザ・ホール (Toad in the Hole)@イギリスの食事情

Hi there, 料理上手なご近所さんLさんから サンデーランチをご馳走になったLoveです。 今回は「イギリスで食べてみたかったもの」のひとつ ヨークシャープディングを作ってくれました。 *********************...